iPhone の進化の歴史

iPhoneの進化の歴史について

このページではiPhoneの進化の歴史について解説します。2007年にiPhoneが発売されてから様々な進化を遂げてきました。今現在、国内の中のiPhoneシェアが7割近くを占めていて、世界でも有数のiPhone大国です。なぜこんなにもiPhoneは人々を惹きつけるのでしょうか。その秘密を知りたく、iPhoneの歴史をまとめました。

まずはiPhoneです。はじめてリリースされたのは2007年です。初代のiPhoneは日本国内で発売されることはなく、当時アメリカの中だけで発売されました。この時点で既に今のiPhoneとしての原型は完成しています。マルチタッチに対応しているので直感的な感覚で操作ができる操作性や電話機能だけではなく、自分で好きなアプリを入れて自由にカスタマイズできるなどの自由性が評価されました。続いて発売されたiPhone3Gは日本国内で初めて発売されたiPhoneです。丸みを持ったボディが特徴で、手に持った時にジャストフィットするようになっています。今のように端末代は高額ではなく価格は23040円からになっていました。

iPhone4では、初めて今と同じようなRetinaディスプレイと呼ばれる超精細な描写ができるディスプレイが導入されました。これまではスマートフォンに興味がなかった人もこのあたりからiPhoneの知名度が上がってきました。また、フロントカメラが出てきたことにより、自撮りができるようになったりと若い女性のニーズも満たすようになりました。

このサイトではiPhone初代からiPhoneXまでの進化の過程を書いています。皆様の求めている情報を提供できれば幸いです。