iPhone の進化の歴史

iPhone4からiPhone5Sへの進化

このページではiPhone4からiPhone5sまでの進化の歴史を説明します。まずはiPhone4です。iPhone4は初めてRetinaディスプレイという極めて精細な描写ができる画面が採用された端末です。iPhone4が発売されたくらいから、これまでスマートフォンに興味がなかった人もiPhoneに興味を持つようになりました。一番の特徴はディスプレイの美しさとビデオ通話のためにつけられたフロントカメラの存在です。それ以外にもジャイロセンサーが搭載されたことによって、ゲームのアプリもジャイロセンサーを使った特有のアプリケーションがユーザーからの人気を集めました。

iPhone4sは、今では当たり前のSiriが初めて使われた端末です。語尾についているsはiPhone3GSのときのSはSpeedでしたが、これはSiriのSです。見た目だけではiPhone4とほとんど変わっていませんが、内面の大きな変更があり、処理の能力がさらに強化されました。この端末から爆発的に日本国内のiPhoneを利用する人が増えています。

iPhone5が発売される頃にはもう一流のブランドとしての地位を築いていました。今までは3G回線しか対応していなかったものが4Gの回線にも対応していて、高速通信が可能になりました。画面のサイズも今までに比べて大きくなり、一つの画面で見ることのできる情報量が多くなりました。そしてiPhone5からLightningコネクタが実装されました。

iPhone5cは格安モデルとして発売されたので特に進化はしていません。iPhone5sは内面が強化されている端末です。今も使われている指紋認証の機能はこの端末から始まっています。このsの意味はSecurityを意味するものになります。