iPhone の進化の歴史

iPhone6からiPhoneXへの進化

このページではiPhone6からiPhoneXまでの進化の歴史を説明します。iPhone6からPlusモデルという新たなサイズの端末が登場しました。ここからだんだんと大画面化が進みます。スマートフォンで動画を見る人が増えたり、大きな文字でメールを読みたい等様々なニーズを大画面化は叶えてくれました。

iPhone6sと6sPlusという端末の特徴は圧力を検知することによる操作手段が実装されたことです。スクリーンをグッと押しこむことでそれを感知する機能の3D touchが使えるようになったことで、今までよりも使えるアクションが増えました。iPhone6sのsの意味は不明です。このモデルで前のモデルよりもさらにバッテリーのパフォーマンスが向上していて、バッテリーが長持ちするようになりました。

iPhone7とiPhone7Plusからはイヤフォンジャックがなくなりました。その代わりに防水機能がついたり、お財布携帯として機能するようになりました。そのため、このモデルからiPhoneだけを持って買い物にいけるようになりました。

iPhone8と8Plusではワイヤレス給電に対応するという進化を見せました。カメラ機能も強化されていて、スローモーションの撮影もできるようになりました。そして未来を感じさせるiPhoneがiPhoneXです。フロントカメラで顔認証をすることができるようになり、それをセキュリティーキーとして使うことが可能になりました。ここまでがiPhone6からiPhoneXまでの歴史になります。次はどのような進化を見せてくれるのか楽しみですね。